• マンガでわかるデジタルサイネージ「さいねじ!」
  • デジタルサイネージ メールマガジン
デジタルサイネージとは?

デジタルサイネージとは?

「デジタルサイネージ(Digital Signage)」とは、一般的に「サイネージ」や「電子看板」、「電子広告」などと呼ばれている、ディスプレイやプロジェクターを使って静止画や動画、Webページ、テロップなど各種コンテンツを表示する情報・広告媒体、または提供するシステム・サービスです。特に日本語の名称を見ると用途が想像しやすいと思います。
「デジタルサイネージ」は、紙に代わる新しい情報共有・情報伝達・情報発信媒体として利用されています。サイネージディスプレイが設置された場所に特化したコンテンツを繰り返し表示したり、時間帯によってスケジュールに合わせてコンテンツを切り替えたり、と配信の自由度が高く視認性の良い情報発信が可能です。お客様向けの広告や宣伝、告知などを表示するだけではなく、観光案内や相談窓口案内、またオフィス内で利用されることで社内に「気づき」をもたらす、社内情報共有システム(オフィスサイネージ)としても期待されています。
コンテンツや端末の管理方法、インターネットの利用可否、接続するディスプレイや端末など機材の規模に応じて、様々なデジタルサイネージシステムが提供されています。 例えば、インターネット接続できる環境で利用できて、スモールスタートに最適な「クラウドサービス型」や、お客様ネットワーク環境に独立して設置できる高セキュリティな「オンプレミス型」、SDカードやDVDなどを使ってコンテンツ更新を行う手軽な「スタンドアロン型」などが代表的な提供形態です。
一般の店舗や公共機関、自治体など幅広い分野でデジタルサイネージの導入が進んでいます。皆さんの周りにも「デジタルサイネージ」を使った広告や案内が違和感なく利用されているはずです。駅や公共施設、店舗などで、「デジタルサイネージ」を探してみてはいかがでしょうか?
デジタルサイネージとは?