NTTテクノクロスNTTグループのネットワーク接続型デジタルサイネージ

デジタルサイネージならひかりサイネージ-NTTテクノクロス

ABOUTデジタルサイネージとは

デジタルサイネージとは?

「デジタルサイネージ(Digital Signage)」とは、屋外、店舗、公共エリア、交通機関などあらゆる場所で、ディスプレイを活用した各種情報(インフォメーション、販促、空間演出、広告)を表示・発信するシステムです。ネットワークを介してコンテンツを配信するタイプや、ネットワークに接続していないスタンドアローンで動作するタイプがあります。表示装置はディスプレイのほか、電子看板、大型ビジョン、プロジェクターなどがあります。

  • オフィスサイネージ
  • 店舗サイネージ
  • 公共施設サイネージ
  • マンションサイネージ

用途・導入環境に合わせて弊社よりご提案させていただきます。
お問い合わせ・トライアルのお申込みはこちらからお気軽にどうぞ!
ひかりサイネージ製品・サービスについてのお問い合わせ製品 ひかりサイネージ無料トライアルお申込み

デジタルサイネージってどんな効果がある?

販売促進

紙のポスターと比べて導入コストはかかりますが、静止画・動画・Webサイトなど様々なコンテンツを切り替えて見せることができます。また、AR/VR、双方向操作によるコンテンツの切り替えなど様々な展開も可能です。既存メディアと比べて圧倒的に表現力が高く情報量も多いことが特長です。例えば、多店舗に設置したデジタルサイネージに、タイムセール情報を一斉に配信し、タイムリーに情報提供することで、販売促進の効果が期待できます。更に、情報の更新頻度が高く、掲出場所が多い場合では、デジタルサイネージに置き換えることで、ポスターの貼り替えの手間や時間、印刷コストの削減効果も期待できます。

災害情報を発信

また、有事の際にもデジタルサイネージは活躍します。災害発生時に、周辺の人々に向けて災害情報を発信することができ、ロケーションメディアとして避難誘導など被災状況の周知などを行うことができます。


効果的なデジタルサイネージ導入をご提案!
お問い合わせ・トライアルのお申込みはこちらから
ひかりサイネージ製品・サービスについてのお問い合わせ製品 ひかりサイネージ無料トライアルお申込み

デジタルサイネージには何を用意すればいい?

プレーヤー(STB(セットトップボックス)、PC等)、表示機器(ディスプレイ等)とCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)操作用PCが必要になります。これらの機器と配信サーバー間はインターネット経由でアクセスするためそのネットワークが必要です。また、デジタルサイネージの導入目的に合わせて表示するコンテンツも準備する必要があります。

必要機材、ネットワーク

ディスプレイ
ディスプレイはコンテンツを表示するための装置です。ディスプレイの大きさや解像度、輝度は視認率にも影響するので、設置場所における視認状況に適したものを選択します。
画面の大きさは、電子POP用途の7インチほどの小型のものから、50インチ前後の中型のもの、100インチを越える大型のものまで幅広いサイズの製品が各社よりラインナップされています。ベゼル幅が狭いディスプレイを複数組合せて、1画面として表示するマルチディスプレイもあります。
解像度は、HD(1280✕720px)またはFull HD(1920✕1080px)、縦横比16:9が主流です。最近では、4K(3840✕2160px)や8K(7680✕4320px)の高画質に対応したデジタルサイネージも登場しつつあります。
輝度は、屋内に設置する場合は、400cd/㎡以上、屋外に設置する場合は、1,500 cd/㎡以上が必要とされています。また、導入コストを下げるために、一般家庭用のテレビを使用することがありますが、200 cd/㎡程度であるため見えづらく、連続使用できない場合があるため、注意が必要です。
  • ディスプレイ
  • マルチディスプレイ
プレーヤー
CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)に設定したプレイリストに従って、コンテンツを再生する装置です。用途によって必要とされるプレーヤーが異なります。ディスプレイに映像を表示したい場合は、WindowsPCやAndroidのSTB(セットトップボックス)を使用し、電子POPのような使い方であればWindowsタブレットやiPad、Andoroidタブレットが利用されます。ディスプレイとの接続にはHDMIやディスプレイポートなどが利用されることが多いです。
  • プレーヤー
ネットワーク
CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)からプレーヤーへコンテンツを配信するためには、インターネットへのアクセス回線を用意する必要があります。このアクセス回線は光ファイバーなどブロードバンド環境(有線・無線どちらも可)を用意することが望ましいですが、設置環境によってはモバイル回線を利用することもあります。

設置場所の検討

デジタルサイネージの設置場所は、用途を考えると人が滞留する場所が選ばることが多いです。例えば、オフィス内であれば、受付ホール、休憩室、エレベーターホール、プリンタ横などです。店舗であれば、レジ横や陳列棚、ショーウィンドウなどです。設置環境に合ったデジタルサイネージを設置することで、視認率の高い情報発信媒体にすることができます。

コンテンツを含めた運営

デジタルサイネージで一番重要な要素がコンテンツです。どこに・何を設置するか(設置場所・ハードウェア)よりも、何を表示するか(コンテンツ)で、デジタルサイネージの価値が決まります。想定する視聴者の年齢・性別などを事前に把握し、最適な時間に、最適なコンテンツを表示することが必要です。また、効果測定を行い、配信後に設置場所の再検討やコンテンツの入替え、ブラッシュアップをすることで、更に視認率・注目率を上げることができます。


デジタルサイネージの設置場所に合わせて機材もセットでご提案!
お問い合わせ・トライアルのお申込みはこちらから
ひかりサイネージ製品・サービスについてのお問い合わせ製品 ひかりサイネージ無料トライアルお申込み

ひかりサイネージの特長

ひかりサイネージは、デジタルサイネージの導入・運用に必要な作業をワンストップで提供いたします。コンサルティングやディスプレイ、STB(セットトップボックス)など必要機器の手配、コンテンツ制作、保守、運用までデジタルサイネージに関するさまざまなご要望に対応します。デジタルサイネージはNTTテクノクロス株式会社にお任せください。

デジタルサイネージの導入・運用に必要な作業をワンストップで提供
簡単設置・管理
キッティング済みSTB(セットトップボックス)をディスプレイに繋ぐだけで、すぐにご利用可能です。
また、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)はお客様の声を反映したシンプルな構成のため、簡単操作で運用可能です。お客様の本来の業務をストップすることなく、運用することが可能です。
予算に応じた導入
価格は1台 月額1,800円から。予算に合わせてスモールスタートが可能です。効果を体感・検証いただきながらお客様のご都合に合わせて拡張していくことができます。
コンサルティング
お客様が期待する導入効果を踏まえ、業務に応じた設置場所検討、機材選定、運用支援をサポートいたします。導入実績14,400パネルの経験・ノウハウから、お客様に最適なデジタルサイネージをご提案します。
コンテンツ提案
過去の豊富な導入実績に基づき、お客様の業務に合わせて導入効果を上げるためのコンテンツをご提案いたします。

設置プラン検討から運用・保守までワンストップでご提案!
お問い合わせ・トライアルのお申込みはこちらから
ひかりサイネージ製品・サービスについてのお問い合わせ製品 ひかりサイネージ無料トライアルお申込み
TEL045-212-7421
お問い合わせ、ご意見、ご要望はお電話でも承っております。
お気軽にご連絡ください。受付時間 10:00~17:00(土日祝祭日除く)