NTTテクノクロスNTTグループのネットワーク接続型デジタルサイネージ

デジタルサイネージならひかりサイネージ-NTTテクノクロス

COLUMNコラム

2019年06月18日 コンテンツ

建設現場にデジタルサイネージが増えている理由とは?

建設現場にデジタルサイネージが増えている理由とは?

街中や店舗内など、あらゆる場所でデジタルサイネージの普及が進む昨今、建設現場や工事現場などにもサイネージを導入するケースが増えています。

現場の事務所や休憩所に設置するほか、通行人向けに仮囲いに設置するなど、様々な用途で活用されているようです。
建設現場にサイネージが普及している理由は、サイネージを設置することにより、現場が抱えている以下のような課題を解決することができるためです。

・気象情報をタイムリーに把握したい
・情報周知を徹底したい
・安全対策をしたい
・労働人口減少を考慮し、業務効率化を図りたい

今回は、建設現場や工事現場において、サイネージがどのように活躍するのかをご紹介します。

効果1 気象情報をタイムリーに把握できる

建設現場において、天気や気温、湿度などは、作業を進める上で欠かせない重要な情報です。
以前はテレビやWEBで確認した天気予報を仮設事務所や休憩所の掲示板に記載するなど、手動で確認、周知していることが多かったかと思います。
サイネージを利用すれば、時間帯別予報や週間天気予報を自動で取得し、定期的に配信するなど、手間をかけることなく最新の気象情報を確認することができます。

また、注意報や警報が出た際も、早めに把握することで迅速な対応が可能になりますね。
気象情報といった、日々更新が必要なコンテンツは、サイネージに最適なコンテンツと言えるでしょう。

「時間帯別天気予報」「週間天気予報」サイネージ

効果2 情報周知を徹底できる

コンテンツを繰り返し放映するサイネージは、現場での情報共有に最適です。
例えばその日の作業予定や週間工程を共有したり、図面や搬入口、立ち入り禁止区域などを表示することで、現場での作業をスムーズに進めることができます。

さらに、朝礼で共有した情報をサイネージでも流すことにより、朝会に参加できなかったメンバーにも情報共有することができます。伝達漏れの防止にもなりますね。
情報を「見える化」することで、作業の効率化だけではなく、メンバーの意識の統一ができ、働きやすい職場環境にもつながります。
また、遅延している工程を可視化、共有することで、早期の対策も可能になります。

建設業界においても、外国人労働者が年々増えています。
口頭だと細かい指示や情報共有が難しい場合もありますが、サイネージで多言語表示したり、分かりやすく図示することで、大事な情報を正確に伝えることが可能になります。

また、ユーザーの権限管理ができれば、サイネージの管理を本社主導で行うことができます。
各現場では一部のプレイリストのみ編集可とし、その他のコンテンツの編集や配信スケジュールの設定は本社で一括して行うなど、柔軟な運用が可能になりますね。
本社からのお知らせと、現場で必要なコンテンツを組み合わせて、サイネージで放映することができます。

「特別警戒情報」「揚重機使用予定」サイネージ

効果3 安全対策に有効

危険が伴う作業も多い現場では、作業員の安全対策も必須です。
現場の安全管理に必要な注意事項は、口頭だけではなくサイネージで繰り返し放映することにより、意識の定着を促します。

また、夏場は熱中症対策も重要です。
熱中症予防を訴えるだけではなく、そのときの気温に応じて熱中症の危険指数や対策をサイネージに表示させることにより、適切な休憩や水分補給を促すことができます。

作業中の予期せぬ事故を未然に防ぎ、作業員の安全確保が可能になります。

「熱中症予防情報」サイネージ

効果4 IoT機器との連携による業務効率化

IoT機器とサイネージを連携させることにより、さらに便利に活用できます。
例えば、現場に設置したネットワークカメラと連携することにより、離れた拠点にいるメンバーやオフィスにいる社員も、リアルタイムに現場を確認することができます。
わざわざ現場に出向く手間やコストを削減できます。
また、口頭で現場の状況を伝えるよりも正確に把握することできるので、的確な指示を仰ぐことができます。

建設現場のネットワークカメラ

工事作業で発生する振動や騒音を測定して、サイネージコンテンツとしてリアルタイムに表示させることもできます。
現場の仮囲いなど通行人向けにサイネージを設置し、振動や騒音の情報を表示させることで、積極的な情報提供が可能になります。
他にも工期や週間作業予定なども併せて表示することも効果的です。
適切な情報開示は近隣住民の理解を得やすくし、クレーム対策にもつながります。

このように、建設現場でのサイネージの利用は、さまざまなメリットがあります。
サイネージを設置することにより、効果的な情報発信や業務効率化が可能となり、職場環境の改善や労働人口減少の対策にもつながります。

ひかりサイネージのポイント

NTTテクノクロスの「ひかりサイネージ」は、建築現場向けのサイネージにもおすすめです。
サイネージの運用は、コンテンツの制作が大変なのでは…と考える方も多いかと思います。
ひかりサイネージは、PowerPointで簡単に編集できる建設現場向けのテンプレートをご用意しています。
また、天気予報やニュース、熱中症指数などを定期的に自動配信できるオプションコンテンツもあります。
ユーザーごとに権限の設定ができるので、本社主導でコンテンツの管理、配信を行うなど、ご要望に応じた運用が可能です。
さらに、現場にネットワーク環境がない場合も、SIM対応のSTBを導入することにより、回線工事不要で簡単に導入できます。
コンテンツ制作やシステム連携など、お客様の課題に応じて柔軟な提案が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

戸田建設株式会社 名古屋支店様の導入事例はこちら

一覧に戻る
TEL045-212-7421
お問い合わせ、ご意見、ご要望はお電話でも承っております。
お気軽にご連絡ください。受付時間 10:00~17:00(土日祝祭日および年末年始を除く)