ひかりサイネージ I-W クラウドシリーズ

I-Wの特徴

デジタルサイネージ市場の拡大に伴いNTTテクノクロスでは、より多くの汎用的な端末で手軽にデジタルサイネージをご利用いただくためにAndroidを用いたひかりサイネージI-Aモデルをタブレット及びSTBに展開し、「安心・簡単・お得」を実現してまいりました。 このたび、現場での声を踏まえ、さらなる普及促進と新たな利用シーン開拓のため、このIシリーズにWindowsPCをSTBとするI-Wモデルをリリースすることとしました。

オフィスサイネージなら、NTTテクノクロスの”ひかりサイネージ”

ひかりサイネージI-Wモデルはその特長から、オフィスサイネージ(*)での採用を想定しています。 NTTテクノクロスでは、導入検討から運用計画までのトータルソリューションとしてご利用いただくため、I-Wモデルのリリースに併せて、オフィスサイネージのサービスブランド “みるしるオフィスTM” を立ち上げます。

* オフィスサイネージとは以下の2つを指しています。
① インフォメーションサイネージ:受付などにおかれ、来訪者への企業情報発信が目的。
② オフィスサイネージ(狭義):社内掲示板のデジタル版。情報共有による職場活性化が目的。

新たな利用シーン開拓~他システム連携

STBのOSがWindowsであるため、既存のWindows対応のアプリケーション (例:業務システム/販売プロモーションシステム) やハードウェア (例:非接触ICカードリーダ) と、デジタルサイネージシステムを連携したシステム構築が可能となりました。
I-Aモデルとの連携では必要となるAndroidOS用のアプリ/ドライバ開発や動作検証が不要になります。

既存サービスとの関係

I-A(T)およびI-A(S)クラウドシリーズと同じCMSで、コンテンツと端末(Android端末STB/タブレット及びWindows端末STB及びiPadの4種の混在が可能)が管理できます。

使いやすい「PowerPoint ® (パワーポイント)連携」

普及度の高いコンテンツ作成ソフトウェアPowerPoint ®から、直接コンテンツマネジメントシステム(CMS)にコンテンツ(静止画/動画)が登録できます。WebブラウザからCMSに毎回ログインする必要はありません。

PowerPoint®は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における 登録商標または商標です。

IW-P 利用イメージ

IW-P 利用イメージ

※画像をクリックすると拡大します。

機能

オフィス環境への円滑な導入

I-W 再生機能

STBにWindowsPCが使えるため、オフィス用PCの調達及び管理が既存のやり方そのままでお使いいただけます。交換や修理などのオンサイト対応についても同様であり、オフィス内利用のお客さまの利便性を向上させました。

オンプレミス環境 (イントラネット内) への導入

I-W 再生機能

インターネット接続が許されないオフィスやエリアも企業内にはまだ多くあることから、CMSサーバをイントラネット内に導入するオンプレミスの提供も行います。

システム構成図

Lite I-A システム構成図
*プリセットコンテンツ・オプションコンテンツは有償オプションです。

機能諸元表

■対応端末環境
・CPU 2コア以上
・メモリ 4GB以上
・HDD 100GB以上
■対応OS
・Windows 8.1 Pro (32bit/64bit)
・Windows 10 Pro (32bit/64bit)

ひかりサイネージ - お問い合わせフォーム